本当は怖い風俗

無難を継続することです

大きな成功を求めるよりも、失敗しないことをコツコツと続ければそこに大きな満足感が生まれるのも風俗の特徴かなって思っています。風俗って自分でも思いますけど、やっぱり女の子とのコミュニケーションがとっても大切なんです。これは間違いないんです。むしろ二人でのプレイそのものだって言わばコミュニケーションの一種。だから風俗嬢とどれだけの距離感を生むのかによってプレイそのものが変わるのは当たり前ですけど、自分自身が心掛けているのが「奇抜なことをしない」「受け狙いをしない」です。自分の存在をアピールしたいとかじゃなくて、無難を心掛けることですね。無難を心掛けていれば、女の子もこちらに対して嫌悪感や警戒心を持つこともありませんので、結局はそれが快感に繋がっていくんです。だから受け狙いとかはあまりしない方が良いんじゃないかなと思いますよね。これはプレイでも会話でも。いわゆる「無難」こそ、何よりも重要なんじゃないかなって。

たまにはいいんじゃないかなと思った風俗

お金は限りのあるものなだけに、どうしても計画的に使わなければならないものだし、貯金だって大切ですよね。でも子育てが終わりを迎えたんです。子供が全員就職したので、もう子育てにお金をかける必要もなくなったかなって。それで最近では自分のことにお金を使えるようになりました。と言っても今度は今度で老後の貯金等も必要になってくるので、入ってきたお金をすべて自分のお金として使える訳ではないんですけど、時には風俗で楽しむのもありかなって(笑)まだまだ「男」でいたいなって気持ちはあるので、時々ですけど風俗で楽しませてもらっています。妻にバレないようにと言うのは大前提ですけど、ホームページを見たり、あるいは口コミを見るなどして情報収集をしつつ、数か月に一度くらいのペースで楽しませてもらっています。一度足を運んで以来、自分の男としての部分を刺激されるというか、ついつい足を運びたい気持ちになってしまう部分もあるんですよね。